​About us

元鼓童の立石雷の呼びかけにより結成。日本伝統楽器である和太鼓、笛、箏、三味線を演奏する和楽器集団。


2017年5月に旗揚げ公演を行い、仏教音楽・声明の発祥地と言われている京都大原勝林院での公演や、学校公演活動を行う。また2017年8月には、アメリカネバダ州で開催される7万人の世界最大のアートフェス「バーニングマン」にて、バーニングマン史上初、招待和楽器集団として演奏を行い、絶大な評価をえる。


演奏活動以外にも京都にて、訪日外国人に向けたワークショップを行うなど多岐に渡り活動中。

​篠笛・和太鼓奏者

立石 雷  RAI  TATEISHI

滋賀県高島市出身
陶芸家の父、染色家の母の間に生まれる。
小学校からドラムを始める。高校時代メキシコに留学。
2011年佐渡を拠点に世界で活躍する太鼓芸能集団「鼓童」入団。
伝統楽器篠笛を「鼓童」名誉団員山口幹文氏に師事。
2013年には人間国宝坂東玉三郎氏と舞台「アマテラス」で共演。日本、海外と多くの公演に参加。
2015年に鼓童を離れ独立。
2016年和楽器集団「東あづま」を結成。京都大原勝林院公演など日本全国で公演。
多民族芸能楽団「わたら」所属。
バルセロナで行われた「Japan Matsuri」「Salon del manga」に参加。
スウェーデン・ヨーテボリで行われたシディ・ラルビ・シェルカウイ演出「ICON」にリプレイスとして参加。
2017年三宅島神着神輿太鼓の契約アーティストになる。
演奏活動の他にも日本、スペイン、アメリカなど世界中で指導活動。
大型アウトドアフェス「Blue Green」音楽監督
高島市で山の日に行われる祭り「YAMAJAM」主宰

和太鼓奏者

佐伯 篤宣  ATSUNOBU  SAEKI

和太鼓との出会いは高校時代、友達との沖縄旅行の際にエイサーと出会い、地元(大阪)の太鼓チームに入る。

大学時代、プロ和太鼓奏者、神奈川馬匠(かながわばしょう)氏に師事。神奈川氏のソロコンサートへの参加や、神奈川氏と共に香港マカオにて、日本とマカオの記念式典にて演奏。

 

プロチームでの鍛錬を終え、2011年3月にスウェーデンにて、地元の和太鼓チームへの指導を行う。東日本チャリティーコンサートを同地にて開催。

その後、4月より地元交野市にて、小学校への指導、地元太鼓チームへの指導、またプロの演奏家とのイベント出演など、交野を拠点にソロとして活動を行う。

篠笛・和太鼓・三味線奏者

奈尾 知弥  CHIHIRO  NAO

香川県三豊市出身。
和太鼓、篠笛、津軽三味線奏者。
幼少期より地元の祭り「獅子舞」に魅了され、9歳より和太鼓、11歳より津軽三味線を始める。
2011年より3年間、大阪を拠点に全国で活動する和楽器演奏集団「独楽」に所属。和太鼓と篠笛、津軽三味線を学び、多くの和洋の楽器奏者と舞台に立ち、全国で多くの活動に参加する。
2015年より独立。地元香川を拠点とする。
津軽三味線を「日本民謡京極流」京極利則、利益氏に師事。
篠笛を阿部一成氏、高野巧氏に師事。
麻神楽団に所属し神社での神楽舞を奉納。
2017年現在、京都に拠点を移し、関西を拠点とする和楽器集団「東【あづま】」に所属。
演奏、作曲、指導者として活動。

箏奏者

勝井 粧子  SHOKO  KATSUI

兵庫県川西市出身。当道友楽会三代目家元菊武厚詞の長女。6歳より箏を、10歳より三味線を始める。東京藝術大学音楽学部邦楽科箏曲生田流専攻卒業。在学中、常英賞受賞。
これまでに祖父菊武潔、父菊武厚詞、安藤政輝、深海さとみの各氏に師事。
2012年11月「IMF国際通貨基金」にて演奏。
2015年5月坂東玉三郎主演・演出「アマテラス」に出演。
2015年11月大阪平成中村座「盲目物語」歌舞伎黒御簾音楽に携わる。
現在、当道友楽会、邦楽あんさんぶるグループふぁるべ、森の会、みやこ風韻に所属する。

和太鼓奏者・唄・踊り

稲田 亮輔  RYOSUKE  INADA

大阪府堺市出身。
高校時代に和太鼓を見た事が切っ掛けで和太鼓を始める。
その後、地元太鼓チーム「京」に所属。様々なイベントで演奏を行う。
2014年から2年間「太鼓芸能集団鼓童」の舞台に参加。国内外で多くの舞台を経験する。
現在は大阪を中心に活動を行い、京都や兵庫県にも活動の場を広げている。

篠笛・和太鼓奏者

井戸 こはる  KOHARU  IDO

1995年生まれ21歳。東京都出身。
地元の和太鼓団体にて7歳から太鼓を、10歳から篠笛を始める。
高校卒業後「鼓童文化財団研修所」を経て、鼓童準団員として全国ツアー、他公演に出演。


2017年1月に鼓童を離れ、新たな表現、演奏を目指し邁進中。

三味線奏者

川嶋 志乃舞  SHINOBU  KAWASHIMA

1994年生、茨城県出身。
3歳より津軽三味線を佐々木光儀師に弟子入りし、太鼓やお囃子・唄を学び5歳より本格的に津軽三味線を習い始める。また現在は民謡を石川喜代美師に、長唄三味線を杵屋五司郎師に師事。
東京藝術大学長唄三味線専攻に現役合格し2017年春に卒業。在学中に独学で古典邦楽や郷土芸能を引用したポップスの作詞作曲を始め、斬新な日本伝統芸能の切り拓き方により各界から注目を集めている。
在学中よりみとの魅力宣伝部長、笠間特別観光大使、地元ラジオ局にてレギュラーMCを務めている。またこれまでに津軽三味線全国大会で4度優勝、さいたまスーパーアリーナで小林幸子サポート、日本武道館、海外公演などでの演奏を経験。